nonmiのちょっと一言☆
☆☆nonmiとminnaの落書き帳☆☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまたピアノレッスン♪
久し振りにテンプレートを変えての登場ですっ

さてさて、今日はピアノレッスンに行ってきました

それで、また今日も奥の深いお話。。。

前回、先生に『ピアノは打楽器』とか
『弦の奥の方を感じて…』とかありましたが、
今日は、
『楽譜には物語があるのです』
『だから、物語を読むみたいに弾いてみましょう』

読むように弾く。。。

2小節で句読点、4小節で句点。
その中に物語があるので、それを気持ちで
表現するんですって

読むように弾く。。。

ド・ミ・ファ・ソ・レ~♪……
(そうじゃないっつーの(゚゚;)\(--;))

早く物語を感じて弾きたいものです
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
「楽曲イメージ-奏法」
zume | URL | 2007-02-18-Sun 16:14 [EDIT]
私の友人で、名古屋を拠点に活動しているピアニストの武本京子さんが「楽曲イメージ-奏法」という著書を出しています。
音楽の内面を色彩と物語でイメージして、奏法を導くこと、のようです。
一度読んでみては・・・

タッチ | URL | 2007-02-18-Sun 21:27 [EDIT]
へぇ~~
ホントに奥が深いですね。
このごろドビッシーの月の光が
CMでよく流れますね。
あの旋律がとても好きです。
さっそく…
nonmi☆ | URL | 2007-02-18-Sun 22:00 [EDIT]
zumeさん☆
拝見しました!サイト…
でも、色彩のことは書いてなかったです。。。
色彩ですか~っ…
芸能とはすべてに繋がっているんですねぇ~。。
ほんとに深いです。
感性が大事なんですねぇ~!
クラシック♪
nonmi☆ | URL | 2007-02-18-Sun 22:05 [EDIT]
タッチさん☆
あたしも、クラシック大好きですっ!
詳しいこと、判らないけど、
大好きです(^・^)
早く、弾けるようになりたいです(^O^)/
なんか、願望だらけだぁ~( ;^^)
素敵な先生だぁ~
まー | URL | 2007-02-20-Tue 00:08 [EDIT]
nonmiさん、本当に素敵な先生に巡り会えましたね~!
羨ましい!
私も、そんな先生だったら、ひょっとしたら、ピアノが好きになってたかも、なぁ~?
先生の言うこと分かるような気がします。
めったにないですが、たまに曲を聞いていて情景がイメージされてくることがありますもの♪
そして畠中さんが出演されていた「詩人の恋」では正に、その楽譜を読み解く作業をしていました(^-^)


nonmi☆ | URL | 2007-02-20-Tue 13:11 [EDIT]
まーさん☆
ほんとうに、そうなんです。
月謝や場所もさることながら、先生がどんな方なんだろう…って心配だったので、ホッとしています。(^。^)
テクニックだけじゃなくて、いろんな事吸収したいなぁ~っ(゚-゚)

カール | URL | 2007-02-20-Tue 21:45 [EDIT]
楽譜に物語がある。。。
本当に素敵な言葉ですね。

どの曲にも歌詞がついていなくても物語があるんですね。
先生の言葉、私も心に刻んでおきます。

あ、お月謝払ってないけど、いいかな。。。^_^;

nonmi☆ | URL | 2007-02-21-Wed 00:06 [EDIT]
カールさん☆
本当に素敵な言葉を教えてくれる先生なんですよぉ~。。。まだ、お若いんですけどねd(^-^)ネ!

月謝のほうは、1日記の鑑賞当り\500になり・・・・・って、じょーだんですよん♪

また、何か素敵な言葉に遭遇したら、書きますねぇ~v(^o^")v
そうかな
?? | URL | 2008-10-06-Mon 04:51 [EDIT]
物語を自分でかんがえるなんておこがましい。作曲家からのメッセージを楽譜から人生から感じ取るのが本当では?

TRACK BACK
TB*URL
「ピアノ・レッスン」
映画の缶詰 2007-02-24-Sat 10:05
ピアノ・レッスン『ピアノ・レッスン』(''The Piano'')は1993年公開の、19世紀のニュージーランドを舞台としたオーストラリア映画。女流映画監督ジェーン・カンピオンの長編二作目である。その年のカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞、1994年度のアカデミー賞のオスカー3  [続きを読む]
Copyright © 2005 nonmiのちょっと一言☆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。