nonmiのちょっと一言☆
☆☆nonmiとminnaの落書き帳☆☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『七つの人形の恋物語』
土曜日、音楽座ミュージカルの新作
『七つの人形の恋物語』 観て来ましたぁ~っ(^ー^)ノ

今回はいつもの東京芸術劇場とは雰囲気が違ってか、
TBSの近くと言う事もあってか、(関係ないかっ!)
新作の初日と言う事もあって、とても華やかな雰囲気でしたっ!
いつも以上に花がたくさんあったし。。。

さてさて、内容は公演中でまだまだ書けませんが、
第一印象…

匂う…

う~ん匂う…

『東宝ミュージカル…』

まっ、個人的主観ですので、これぞ『音楽座ミュージカル♪』って
思った方もたくさんいらっしゃるでしょうが…

う~ん…匂う。。。

はっきりと何がとは言い切れないのですが、
音楽かなぁ~?脚本かなぁ~?
とあれこれ考えては見ましたが、やっぱりはっきりしません。

日本のミュージカルがたどり着くところはあそこなのか、
はたまた、完成度が高くなってきたからそう感じるのか…


音楽座独特の心にガーーンって来るような感動がなかったのも確か…
まっ、初日なのでこれからもっともっと変わってゆくんだと思いますが。
それに原作が難しい話だから、伝える事が本当に難しい作品だと思います。

でも、朝倉先生の舞台装置はやっぱりよかったです!
『ザ・アサクラ』っていう感じで…(^o^) (よびすてですみません)

それと、やっぱりオケが入っていたのが何よりも嬉しかったですっ!
やっぱり、生オケじゃなくちゃっo(^o^)o

スポンサーサイト
リトルプリンス。。。第二楽章…。
いってきましたぁ~っ
『リトルプリンス第二楽章』
…って勝手に第二楽章ですけど。。

なにが第二楽章かって…o(^o^)o

完全に進化してましたねっ♪
ってか、常套句の『進化』は使いたくないくらいの仕上がりですねっv(^o^")v

際立って目立っていたのが、皆さんの『唄』の部分!
仕上がりが、ほんとによかったですっ

今日は久し振りに『歌』・『ダンス』・『芝居』の”ミュージカル☆”
を堪能した気分ですっ

今回の舞台!みなさんの歌の完成度が本当に高かったですっ

そうそう、宮崎祥子さん…
初めはどんな王子を演じてくださるのか、期待と不安だったんだけど
見事に素敵な裏切りでしたねぇ~(^ー^)ノ
なにせ、歌の安定感があったので、すぅーっと芝居に入り込めるんですよねぇ~

そして一つ感じたことが…

『衣装とペダル』…

て、何の事かわかりせんよねっ

ペダルはあの、ピアノのペダルですっ

でね、ペダルを使い始めるとそれなりにうまく聞こえるのよぉ~
(ほんとに…)
ある意味ごまかせるって言うやつ?
(ごまかしているのは自分だけか?)
でね、今日、渡り鳥や砂嵐のシーンで衣装のフリフリを
キャストの皆さんがどう使いこなすかを、( -_-)じーっっと見ていたの!
あのフリフリ衣装でごまかしてはいないかと(-_☆)

あはっーーーっ。。。
みなさん、完璧でしたっ!

っていうか、フリフリでごまかす俳優さんは舞台にあがれませんものね

それにしても、朝倉先生の美術って、どうしてあんなに素晴らしいんでしょう
あらためて敬服しましたm(_ _)m

4ヶ月ぶりに観た『リトプリ
会場に着くまでの車中、極めて冷静に見るようにって
自分に言い聞かせてきましたっ!
ピュアなアンテナを張り巡らせるよーにって…

そのせいか今日は随所で心に響きましたっ


昔からの格言で、

『歌は語れ、詩は歌え』と言う言葉がありますっ…

歌は音符の表現ではなく、詩と感情の表現手段!
詩は、音符のない心の強弱を表現した歌であること…
あたしの愛してやまないこの格言
(誰が言ったのかはしりませんが…

でも今日のステージは皆さんからそれが伝わってきましたっ!

何より、会場の拍手が大きかったのが全てではないですかっ

ほぼ地元…っていう、贔屓は別として、
やっぱり、伝わるものが大きいと必然的に
拍手も大きくなる訳ですよっ

本当に良かったですよっ!
今日の『リトプリ



さてさて、2ヵ月後には、いよいよ『新作』


音楽座ミュージカルをこよなく愛するリピーターから
『七つの~』で初めて
っていう音楽座ミュージカルと初めて出会う方々…

どこまで納得のできる感動を(内容も舞台も…)提示してくれるのか
2ヵ月後に期待ですっ

決して安くないぞっ!観劇料!


最期に、なに厳しくなってるんだか(笑)

ともあれ、久し振りに素敵な舞台を観る事ができたnonmiでしたっ!



久し振りの…音楽座ミュージカル
行ってきましたぁ~っ

映画館上映特別版「メトロに乗って」
P1010219.jpg

最初は、『舞台をスクリーンで…(~ペ) どうなるんだろう…』って不安一杯でしたが、
よかったです。

心に…

それは、『舞台』と『スクリーン』ではどっちがいい
って聞かれたら、まよわず、
『舞台っ』って答えますけどねっ

じゃあ、何が心によかったかって?

それは、この作品を『舞台』で見たときの
心に刻まれたメッセージが、再確認できた事

舞台見た後、『ちゃんとしなくちゃ駄目だ』とか
『生きていることの素晴らしさ…』なぁ~んて、
心に刻んで劇場を後にするんだけど、
そうねぇ~、3ヶ月もすると馬鹿だから薄れてしまうのですよ。。。

自分に対する戒めが…(>_<)

だから、今日、メトロで再確認できたのが
本当に良かったです

劇場の最前列からも見て取れなかった
俳優の方の表情も感じることが出来たし、
やっぱり、こういう機会は必要ですねっ♪

っていうか、

(ここからは、ちょっと愚痴…)

やっぱり、『DVD』復活しないかなァ~~(ノ_・、)

だって、先程お伝えしたように
あたしは自分への戒めが、とことん弱くて
すぐに楽な方へ走ってしまうので、
2ヶ月に一回くらいは、作品を見て
心に刻みたいのですよぉ~。。。

最近『Takarazuka』をTVで見ていますが
何だか感動が沸いてこないんですよねぇ~。。゛(ノ><)ノ
確かに舞台も衣装も綺麗なんですけど、
何だか、心に響かないんですよぉ(ノ_・、)
(Takarazukaファンの方すみません…m(_ _)m)

で、今日スクリーンで、Rカンパニーの俳優の方達の
表情を見てその思いが本当に伝わってきました。
これっ!っていえないんだけど、
真剣な表情、役に入り込んで何かをつかんでいる
その表情から、やっぱり真剣な何かを感じてしまうのです。。。

『観せる』だけの興行じゃなく
『感じさせる』舞台をつくっている音楽座ミュージカルって
あらためて、素晴らしいと感じました。
でも、一度もミュージカルを見たことがない人が
この『映画』をみて
『ミュージカルってなんて素敵なの』って思うかどうかは
わかりませんが…
やっぱり、生の舞台を見てほしいですねっ!


で、話がそれちゃいましたが、

今回、映画で上映されたって言う事は
TBSも絡んでいるって言う事は
いつかTVで放映される

レンタルビデオでも…
なぁ~んて淡い期待をしちゃいますが、

ちょっと待って

そうなると、あたしの大好きな作品

『坊ちゃん』はどうなるのっ

『心を~ひらいてぇ~
誰かがあなたをまぁってるぅ~
変わらぬぅ~思いでぇ~
そっと包んでくれる人ぉ~♪』

うぅーーーっ(>_<)

見たくなってきた!

『坊ちゃん』

メトロの話だったのがいつしか…(笑)


Copyright © 2005 nonmiのちょっと一言☆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。